製品・サービス

どこシル伝言板

認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して

QRコードの読み取りで発見〜保護〜ご帰宅まで早期解決。地域の見守り事業をサポートします

どこシル伝言板


認知症の人や障がいをお持ちの方等の保護時に、個人情報を開示することなく、早期ご帰宅に繋げるサービスです。また、QRコードを読取るだけで安全・安心・安楽にご本人に対応する為に必要な情報をWeb上の掲示板を活用して即時確認できます。どこシル伝言板はラベル・シールによる視覚的訴求とセキュリティ万全のWebクラウドシステムの機能により、自治体・地域住民・警察・消防・医療介護専門職等による地域の見守りネットワーク活動を支援します。

QRコードの読み取り→伝言板というシンプルな仕組み

行方不明になった際、発見者が衣服や持ち物に貼付されたラベル・シールのQRコードを読み取ると、ご家族 へ直接メールが自動送信されます。また発見者は、専用の伝言板で保護に必要な情報を確認でき、ご家族のお迎えまで伝言板を通じて連絡を取り合うことができます。

伝言板画面

衣服や持ち物に貼付。2種類のラベル・シール

【洗濯に強い耐洗ラベル】
家庭用洗濯機で200回以上の耐久性があり、丈夫で長持ち。衣服にアイロンで貼ります。
【暗闇に強い蓄光シール】
反射材とは異なり、ライトがなくても、自ら蓄めた光を放つシール。杖などの持ち物に貼ります。

2種類のラベル・シール

個人情報は表示されません

氏名・住所・連絡先の記載は不要。システムに一切個人情報を含まないため個人情報漏洩の心配はありません。

複数の連絡先に一斉連絡

伝言板からの通知先メールアドレスは3人迄登録が可能。関係者で情報を共有することができるため、離れたご家族も随時、状況を把握できます。

ご本人・発見者の負担軽減

発見者がQRコードを読みとると保護時の注意点が表示され、対処方法がわかります。発見者の負担を最小限にしながら、ご本人の安全・安心・安楽にも繋がります。

保護時の注意点等が表示

24時間365日いつでも連絡可能

発見者がQRコードを読み取ると、伝言板サイトを通じて直接ご家族に通知が届きます。システムを通じて365日24時間、迅速に状況を把握することが可能です。

365日24時間いつでも連絡可能

自治体などの見守り施策を支援

すべての利用情報は事務局(自治体等)に即時共有されます。タイムリーな情報集約と共有ができますので、情報に基づいたご家族への相談支援が可能です。また、初期導入費+ラベル・シール購入費のみで継続利用が可能となり、(認知症高齢者保護を目的とした使用に関しては)ランニングコストは掛かりません。

どこシル伝言板webサイトはこちらから!

どこシル伝言板
(QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です)

お問い合わせ先:東邦ホールディングス 地域医療連携室

TEL: 03‐6838‐2834

受付時間:
平日 9:00〜18:00(年末年始を除く)

関連製品・サービス

常に市場のニーズに応える「提案型企業」を目指し、エンドユーザーである患者さまに目を向けて、医療をさまざまな角度からサポートいたします。