Toho Holdings Group Recruiting Information
 ホーム > 東邦を知る / トップメッセージ



 東邦ホールディングスグループは1948年の創業以来、医薬品の安定供給に努めてきました。物流センターへの最先端ロボットの導入や、コールセンターの拡充など、現況に満足せず、常に時代の一歩先をゆく流通プロセスを構築してきました。昨今では、このノウハウを活かし、アジア地域での事業展開を計っています。
 また、日頃から医療機関の皆さまとお付き合いをしている医薬品卸の視点をもとに、開発・展開してきた顧客支援システムやサービスは、現在私たち東邦ホールディングスグループの象徴となっています。医療分野に潜在しているニーズに常に目を向け、独創的なシステムやサービスを構築していくことはもちろん、今後は在宅医療や介護分野にもアプローチしていきます。
 これまで医薬品卸売事業、調剤薬局事業を主軸として展開してきましたが、さらにジェネリック医薬品をはじめとする製造販売事業にも着手しました。高齢化率の上昇により、医療費の削減が大きく提唱されており、ジェネリック医薬品の需要も高まってきています。そこで、安定的に供給できる高品質なジェネリック医薬品の製造販売から、流通、そして薬局での患者さまへのお渡しまでを、グループ全体で一貫して行える体制を確立しました。時代の変化に対応しなくてはならない医療機関の皆さまに安心もお届けしたいと考えています。
 『全ては健康を願う人々のために』のもと、医薬品卸の機能の強化に加え、新しい付加価値を提供できる企業体が私たちの姿です。固定概念にとらわれず、柔軟な発想で挑戦をしてくれる若い皆さまに、新しい風を吹き込んでいただけることを期待しています。

東邦ホールディングス株式会社
代表取締役社長
有働 敦



 社会人として働くうえで大切なことは『チャレンジ精神』であると思います。就職活動中の皆さんが、今思い描いている「こんな仕事をしたい」というチャレンジ精神を絶えず持ち続けていくことは大切です。これは会社においても同様で、チャレンジ精神があり元気のある会社でないと成長しないと考えています。
 また、『No.1』になれるものを見つけることも大切です。東邦薬品という会社は、それぞれ違った能力や、魅力を持つ社員が集まって成り立っています。体力や、パソコンの知識、車の運転等何でも良いので、No.1になるためにまずは今から『小さな一歩』を踏み出してみてください。皆さんも常にチャレンジ精神を持ち一歩を踏み出せば、きっとご自身の夢が叶うはずです。皆さんの就職活動が実りあるものになりますよう、ご活躍を祈っております。

東邦薬品株式会社
代表取締役社長
馬田 明