ホーム > 業界を知る > MSとMRの違い
MRは自社の医薬品の「情報提供」と製品の「普及・拡大」を行っています
 製薬企業の営業担当者はMR(メディカル・レプレゼンタティブ、医薬情報担当者)と呼ばれ、全国で5万人以上が活動しています。MRの主な役割は、患者さんの安全を確保するために、医薬品に関する情報をドクターなど医療従事者へ提供し、医薬品の適正使用を促すことです。それと同時に、MRは自社製品を普及させるという大きな目的があるため、他社製品よりもいかに優れているか、効果や効能を詳しく説明できるだけの専門的な知識が必要となります。ドクターはこれらの情報を参考にするため、MRは処方に大きな影響力があると言えます。
 また、情報提供が仕事であるため、商品自体を医療施設に持参し販売することはありません。

MSは多種多様な医薬品の「販売」と「情報提供」を行っています
 医薬品卸売会社の営業担当者はMS(マーケティング・スペシャリスト、医薬品卸販売担当者)と呼ばれ、全国で約2万人が従事しています。MSの主な役割は、製薬企業から仕入れた医薬品や医療材料、医療機器などの多岐にわたる商品を、医療機関や調剤薬局に安定的に供給することです。単に医薬品を販売するだけでなく、薬の効能・効果、医療制度、季節性の疾患(インフルエンザ、花粉症等)の流行状況などの「情報提供」活動も行います。また、「情報収集」も大切な役割の一つで、医薬品が市場に出た後も、実際に服用した後に見られる効果や副作用などのデータを収集し、製薬企業にフィードバックなども行っています。
 MSには、お客様にメーカー毎の製品特徴を比較・提案できるだけの幅広い知識が必要になりますが、様々なメーカーの商品を扱っているという点で、MRよりもセールスの幅が広く、より最適な医薬品を患者さんのために提案できる仕事と言えるでしょう。

MSには医療機関や調剤薬局との価格決定権があります
 MSとMRの最大の相違点は、販売価格の決定権の有無です。MSはお得意先である医療機関・調剤薬局と価格交渉を行うため、利益を確保するための意識が大変重要になります。

医薬品の価格交渉 取扱品目 医薬知識
MS あり 様々なメーカーの製品 取扱品目に応じた
広範囲な知識
MR なし 自社の製品 自社製品に特化した
専門的な知識

 MSはドクター・薬剤師とMRを繋ぐパイプ役です。例えば日頃の営業活動において、ドクターや薬剤師の先生方から、MSがPRした医薬品の詳細を知りたいと言われた場合は、担当MRに連絡をし、同行の上製品説明を行います。お得意先に医薬品を使用していただきたいという点で両者の目的は同じなので、日頃から密な情報交換をしながら連携を取っていく必要があります。つまり、MSには医師や薬剤師、MRなど、様々な人とのコミュニケーション能力が求められているのです。